寝屋川でゴルファーの腰の状態を整える整体 整体院ふき

当院で得られる3つのメリット
メリット①

背骨・骨盤・股関節の柔軟性が改善されて、腰の状態が整い、スイングが安定します。

メリット②

慢性的な腰の疲労が解消されて、腰痛や肘痛を気にせずに、思いっきりスイングができます。

メリット③

腰の状態が整うことで、飛距離アップ、球筋のコントロールの改善も可能となります。


※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

確かな技術にお任せ下さい
取得国家資格①

「あん摩マッサージ指圧」の手技で疾病の治療や予防を行う厚生労働大臣認定の国家資格です。

取得国家資格②

「はり」及び「きゅう」の手技で疾病の治療や予防を行う厚生労働大臣認定の国家資格です。

取得国家資格③

「はり」及び「きゅう」の手技で疾病の治療や予防を行う厚生労働大臣認定の国家資格です。


国家資格に基づいた技術と知識で、あなたのゴルフスイングのパフォーマンスの向上を目指します。

こんなお悩みありませんか?

スイングでこんなお悩みはありませんか?

スイングが安定しない

ドライバーの飛距離が落ちてきた

スコアーが伸びない

理想とするスイングができない

プレイ翌日の腰痛がつらい

腰の疲労が抜けず仕事に影響が出る

スイングすると腰に痛みが出る

腰痛で思いっきりスイングできない

これらのお悩みは背骨・骨盤・股関節がうまく使えていないことが原因かもしれません。 

背骨・骨盤・股関節は、バックスイングで溜めたエネルギーを効率よく旋回エネルギーに変換して、フォロースルーに導く役割をしています。ゆえに背骨・骨盤・股関節の動きが悪くなると、フォームが安定せず、思い通りのスイングができなくなります。

当院では、これらのお悩みの方に、理想のスイングを実現できるように、独自の整体サービスを提供しています。 
具体的な当院の整体の内容

▶整体の内容

当院独自の整体で、背骨・骨盤・股関節の柔軟性を高めていきます。 

 

当院の整体で得られるメリット

▶メリット①

背骨・骨盤・股関節の柔軟性が改善されて、腰の状態が整い、スイングが安定します。

 

▶メリット②

慢性的な腰や肘の疲労が解消されて、腰痛を気にせずに、思いっきりスイングができます。

 

▶メリット③

腰の状態が整うことで、飛距離アップ、球筋のコントロールの改善も可能となります。 

当院のコロナウイルス対策

当院のコロナウイルス対策

 

安心して施術を受けていただけるように対策を行っています。

 

▶対策①

当院は完全予約制なので他のお客様と接触する可能性は極めて低いです。

 

▶対策②

施術前には手指消毒を徹底しています。

 

▶対策③

いつもマスクを着用を徹底しています。

 

▶対策④

検温を実施してつねに体調の管理を徹底しています。

 

▶対策⑤

院内の換気を徹底しています。

ゴルフ整体を受けた方の声
50代 男性 寝屋川市先生の整体はビフォアーとアフターが分かりやすいので値段が高くても価値があると思いました。

 

40代 男性 枚方市 腰痛を気にせずに安心してスイングできました。整体のおかげですね。

 

50代 男性 寝屋川市ショットが不安定で、スコアも残念な結果続きでした。先生の施術を受けてから股関節を意識するようになって、ショットが安定してきました。

 

40代 男性 寝屋川市レッスンを受けたり、ゴルフ雑誌の記事を試したりしていましたが、なかなか飛距離が伸びなかったが、整体を受けて身体の旋回運動がズムーズにできるようになり飛距離が伸びて満足しています。

 

50代 男性 枚方市 先生の整体を受けてからは、身体に柔軟性が出てきたようでスライスは改善されつつあります。

 

60代 男性 寝屋川市一生ゴルフを続けたいので毎週先生にお世話になっています。

 

40代 男性 枚方市 毎週1回の施術を受けているので腰痛に悩まされずにゴルフを楽しんでいます。

 

30代 男性 枚方市 「こんなにスイングが気持ちよいものとは!」と思えるようになりました。

 

60代 男性 寝屋川市ゴルフを始めてから腰痛がひどくなって困っていました。先生の整体施術のおかげで腰痛知らずでゴルフを楽しんでいます。

 

40代 女性 寝屋川市湿布を貼っても整骨院に行っても良くならなかった腰痛が良くなりました。

 

50代 男性 枚方市 先生の施術を受けた後は血の巡りが改善されたみたいで、腰が暖かくなって気持ちよい。

 

50代 男性 寝屋川市こちらは整体理論がしっかりしているので安心して整体を受けています。

 

40代 男性 寝屋川市私が理想とするスイングのフォームを活かしつつパフォーマンスの向上をすることができた。

 

40代 男性 寝屋川市腰痛で痛み止めが手放せない状態でゴルフから遠ざかっていましたが、こちらで整体を受けてから徐々に腰の痛みも改善されて再びゴルフを楽しんでいます。

 

50代 男性 寝屋川市末永くゴルフを続けたいので週1回広川先生のお世話になっています。

 

40代 男性 枚方市 ゴルフをするなら格好良いスイングで打ちたいと思っていましたが、腰をかばいながらなので、なかなか格好良いスイングが出来なかった。整体を受けるごとに身体が柔軟になってきて腰の具合も良くなって、自分では満足のいく格好の良いスイングが出来るようになった。

 

40代 男性 寝屋川市どんな練習をしても120を切れなかったのが、先生の整体のおかげで100切りを達成できました。広川先生の言うように股関節の柔軟性は大切ですね。

 

50代 男性 寝屋川市アドレスの時に必要以上に背中をまっすぐ伸ばすようなクセのせいで、腰が反ったような状態となり気がつけば腰痛になってしまい、ゴルフにも行けなくなってしまった。こちらで施術を受けて腰痛は治まって、今ではゴルフに復帰できました。先生、ありがとう。  

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。 

※プライバシー保護の観点からお客様の写真等は掲載していません。 

なぜ初回限定特別キャンペーンを提供するのか?

 

「我慢していたら慢性になってしまうかも…」

「でもどこに行けばよいのかわからない…」

「よくならなければどうしよう…」

 

悩んでいる間にも状態はますます悪化していき、改善するのに時間がかかってしまいます。

 

一日でも早く楽になっていただきたい、早く施術を受けていただいて改善を実感していただきたいと切に願うからです。

 

どこに行ってもよくならない腰痛や坐骨神経痛を当院で根本から改善していただきたいからです。

 

そんな思いで、初回限定特別キャンペーンを提案させていただきました。

 

当院はあなたのつらい腰痛や坐骨神経痛を根本から改善していく寝屋川市で唯一の専門性の高い整体院であると自負しております。

 

今すぐ整体院ふきにお電話ください。

 

全力であなたをサポートいたします。

当院のコンセプト
コンセプト①

解剖学や生理学に基づいたオーソドックスな整体です。

コンセプト②

1~2回だけで治るという魔法の整体ではありません。

コンセプト③

地味ではありますが着実に結果を出している整体です。


寝屋川市は枚方市、四條畷市、交野市、大東市、茨木市、高槻市と隣接しており、たくさんのゴルフ場やゴルフ練習場があります。

 

そんな環境の中にある当院は、たくさんのゴルファーの皆様にご利用していただいています。

 

当院はゴルファー向け専門の整体を行っています。

 

とくにゴルファーの腰痛やゴルフ肘の整体には定評があります。

 

当院独自の整体で、疲労が溜まった筋肉の回復力を促し、故障の予防を行っています。

自然快復力のスイッチを入れます!

ゴルフを末永く続けて行くには、背骨と骨盤はとても重要です。

 

家で例えると、土台となる基礎の部分が骨盤で、背骨は柱のような関係です。

基礎や柱がゆがんでしまうと、家は傾き、最悪は倒壊します。

 

背骨と骨盤も同じように、ゆがんでしまうと身体に影響が出ます。

やがて、背骨と骨盤まわりの筋肉にも影響が出て、筋肉は硬くなります。

筋肉が硬くなると、筋肉の間を通っている血管や神経が圧迫されます。

 

血管が圧迫されると、血液が行き渡らなくなります。

酸素や栄養不足となり、老廃物も流れずに停滞します。

 

神経が圧迫されると、脳から全身、全身から脳への、神経の流れが悪くなります。

 

身体の様々な部分に、痛みやしびれの症状が出てきます。

また、回復力が低下して、睡眠だけでは疲労が解消できなくなります。

 

放っておくと、ゴルフを楽しめなくなります。

 

当院の整体で、背骨と骨盤のゆがみを整えることで、自然快復力のスイッチが入ります。

 

自然快復力のスイッチが入ると、痛みやしびれの症状が改善していきます。

 

ゴルフを楽しめるように、身体は好転していきます。

院長プロフィール

・昭和43年生まれ

・行岡医療専門学校鍼灸科卒業

・全日本鍼灸マッサージ師会会員

・大阪府鍼灸マッサージ師会会員

・厚生労働大臣認定 取得国家資格

 ・はり師

 ・きゅう師

 ・あん摩マッサージ指圧師

厚生労働大臣認定国家資格である「はり師・きゅう師・あん摩指圧マッサージ師」の経験と知識を活かして、自律神経失調症の改善から腰痛、坐骨神経痛の改善まで幅広い症状を安心・安全なオンリーワンの整体で改善を目指すパーソナル整体師として活動中。 


初回ご来院の流れ
①施術前

初めてのご来院の方はチェックシートにご記入お願いします。

 

悩みの症状をお聞きして、当院の整体についてご説明いたします。

 

当院は完全予約制なのでお待たせいたしません。
②施術痛みの根本原因を当院独自の整体で調整していきます。

 

施術時間の目安としては約20分~30分程度です。

 

安心して安全な施術を受けていただけます。

③施術後今後の方針、通院ペース、必要に応じて日常生活での注意点や改善点をお伝えいたします。

 

次回のご予約とお会計をしていただき終了です。

 

お疲れさまでした。

施術中は電話に出ることができない場合があります。お手数ですが、留守番電話にお名前と電話番号をお残しください。当院から折り返しお電話いたします。 

 

お電話をいただきますと、録音メッセージが流れます。 

 

☎当院

はい。整体院ふきです。ご予約・お問い合わせの方は、お名前とお電話番号をお残し下さい。こちらより折り返し連絡いたします。 

 

☎あなた

お名前と電話番号を残してください。 

 

当日あるいは翌営業日に、こちらから折り返しのお電話をさせていただきます。その時に予約の日時を決めていきます。予約の日時は候補日を2~3日ご用意していただければありがたいです。もし疑問や不安に思う事がありましたら、遠慮なくお伝えください。

当院への地図
道案内

国道170号線よりお越しの方は、この写真を目安に、黄色の矢印へ進入してください。

 

国道1号線よりお越しの方は、この写真を目安に、黄色の矢印へ進入してください。

 

駐車スペースを1台分ご用意しています。

ご予約時間の5分前にお越しください。

早いと前の患者様の車があり駐車できません。

当院紹介
当院入口古民家のような佇まいです。
院内入口整体院ふきのエントランスです。
待合空気清浄器を設置しています。

施術スペース落ち着いた雰囲気です。
トイレ隅々まで清潔にしています。
駐車スペース1台分ご用意しています。

スイングと背骨・骨盤・股関節の関連性について

スイングでの正しい身体の動かし方を頭の中にイメージできたとしても、実際のスイング動作では思うようにスイングできていないこと無いですか?

 

これは背骨・骨盤・股関節の柔軟性の低下が原因かもしれません。

 

スイングにはいろいろな考え方があります。どのようなスイングの考え方が自分に合っているのか難しいところです。

 

しかしながらスイングの基本中の基本は体幹が正しく旋回できているかということです。正しい旋回の動作には、背骨・骨盤・股関節の関係性が重要となってきます。

 

とくに股関節のスムーズな旋回動作は理想のスイングの必須条件です。

 

バックスイングからフォロースルーまでの時間は約3秒であり、その中でもダウンスイングは約0.3秒、インパクトでのボールとクラブヘッドの接触は約1/2500秒(0.0004秒)と言われています。

 

インパクトでのボールとクラブヘッドの接触は約1/2500秒(0.0004秒)ということから、バックスイングで蓄えたパワーを、如何に損失なくインパクトさせるかはとても重要になります。

 

クラブヘッドがインパクトの時に最速スピードを得るためには、ダウンスイング中の体重移動や体幹の回旋動作をスムーズに行う必要があります。

 

ダウンスイングからフィニッシュに行った時には、目標とする方向に体幹前面(おへその向き)は向くように旋回している必要もあります。

 

これらの旋回動作は腰で行うものではなく本来は、背骨・骨盤・股関節の複合動作で行います。とくに腰椎(腰の骨)は旋回するようにはできておらず、せいぜい約3~5度しか旋回できない構造になっているからです。

 

股関節を使ってスムーズに体幹を旋回できないと、股関節で旋回できない分を腰で旋回させようとして腰に負担がかかり腰痛になってしまいます。

 

そのような無理なスイングは腰へのダメージだけではなく肩、肘、膝などにも波及します。

 

また腰への負担が蓄積されると、ぎっくり腰を起こしやすくなったり、ひどい場合には椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の原因にもなります。

 

▶▶まとめ

①どんな理想のフォームであっても、背骨・骨盤・股関節の関連動作は必須です。

 

②上半身(背骨)の柔軟性と下半身(骨盤・股関節)の柔軟性も必須です。

 

③上半身と下半身が柔軟になると、以下のことが期待できます。

 ■疲れにくい身体

 ■腰痛の予防

 ■ゴルフ肘の予防

 ■飛距離アップ

 ■距離のコントロール改善

 ■方向のコントロール改善 

ゴルファーにとって股関節の柔軟性が必須な理由①

股関節は他の関節と互いに連結しており、互いに影響を及ぼし合っています。

 

ゆえに股関節に問題が発生すると、他の関節にダメージが波及してしまいます。

 

ゴルフで「腰を回す」「腰をひねる」という動作は股関節の回旋の動きです。

 

「バックスイング」「ダウンスイング」「フォロースイング」での身体を回旋させる動作は股関節の働きによるものです。

 

「バックスイング」「ダウンスイング」「フォロースイング」において股関節が柔軟である必要があります。

 

股関節の柔軟性に問題があると、股関節の動く範囲が少なくなってしまい、その分を他の関節の動きで補おうとするので、他の関節に無理が生じて、他の関節に問題が出てきます。

 

ゴルフのスイングにおいて、股関節の動きの少なさを腰で補おうとすると、腰に負担がかかり腰痛になってしまいます。

 

また、腕の動きで補おうとすると、肘に負担がかかりゴルフ肘になってしまいます。

 

ゆえに、腰痛やゴルフ肘になった場合、腰や肘だけ治そうとしても、もともとの原因である股関節にアプローチしなければ、身体に負担のないスイングができないので、また再発してしまいます。

 

このような理由から、当院では股関節に着目して柔軟にしていく整体を行っています。

 

▶▶まとめ

①股関節は身体の中心にあることから、重要な役割をしています。

 

②関節は互いに連結しているので、股関節に問題が生じると、他の関節に影響が出ます。

 

③股関節に問題が生じると、上半身では、腰、肩、肘、手首にまで影響が出てきます。

 

④股関節に問題が生じると、下半身では、膝、足首にまで影響が出てきます。

 

⑤ゴルフのような立った状態からスイング動作をする運動では、股関節の柔軟性が必須です。

股関節と他の関節の関連性

ゴルファーにとって股関節の柔軟性が必須な理由②

満足いくフォームでスイングできたはずなのに、思った以上に飛距離が伸びないといったことありませんか?

 

その原因は股関節がうまく使えていないのかもしれません。

 

股関節が柔軟でないと、思ったより身体が旋回できていない場合があります。

 

股関節はあまり意識されることはないかと思われますが、その股関節の動きにはたくさんの筋肉が関わっています。

 

どれかひとつの筋肉でも硬くなってしまうと、股関節に関わっている筋肉は、バランスを崩してしまい、股関節の柔軟性に問題が出てきます。

 

当院では、独自の整体で、股関節に関わっている筋肉の柔軟性を回復を促しています。

 

股関節の柔軟性が回復し、身体の旋回能力も向上していきます。

 

その結果、スイングが安定していき、飛距離延長が期待できます。

 

▶▶まとめ

①安定したスイングには、股関節の柔軟性が必須です。

 

②股関節の柔軟性は、股関節に関わりのある筋肉の柔軟性でもあります。

股関節に関連する筋肉

ゴルファーに多い腰痛の原因筋

▶アドレスの時に腰が痛い場合

 大腰筋

 腸腰筋

 脊柱起立筋

 大腿二頭筋

 など

 

▶バックスイングで腰が痛い場合

 大腰筋

 腸腰筋

 内転筋

 脊柱起立筋

 腰方形筋

 腹横筋

 腹斜筋

 など

 

▶フィニッシュで腰が痛い場合

 大腰筋

 腸腰筋

 内転筋

 脊柱起立筋

 腰方形筋

 腹横筋

 腹斜筋

 など

 

▶▶まとめ

アドレス、バックスイング、フィニッシュいずれの場合も股関節の柔軟性は必須です。

ゴルファーに多い腰痛の原因筋

ゴルフ肘について

右利きのゴルファーの場合では、右肘の内側(小指側の肘の出っ張った部分)、または左肘の外側(親指側の肘の出っ張った部分)に痛みが現れます。右肘だけの場合や、左肘だけの場合、両方の肘の場合もあります。

 

ゴルフ肘で、肘の内側(小指側の肘の出っ張った部分)を痛めてしまったものの正式名称を上腕骨内側上顆炎といいます。

 

ゴルフ肘で、肘の外側(親指側の肘の出っ張った部分)を痛めてしまったものの正式名称を上腕骨外側上顆炎といいます。

 

ゴルフ肘は、腕の筋肉に継続的に負担となる強い力が加わることで、筋肉が傷ついて炎症を起こすことが原因です。

 

スイングするときに、腕の筋肉に継続的に負担となる強い力が加わるということは、正しいスイングができていないということです。

 

スイングにおいて、背骨・骨盤・股関節に柔軟性がなく、身体の回旋動作や重心移動がうまくできていないと、正しいスイングはできません。

 

うまくできていない動作を補おうとして、手打ちの状態でスイングしてしまうことで、インパクトの衝撃が肘にかかります。

 

その衝撃が負担となり蓄積されると、炎症を起こし、痛みが生じ、ゴルフ肘となります。

 

ゆえに、ゴルフ肘は、肘だけでなく、背骨・骨盤・股関節に柔軟性も考慮に入れた総合的なケアーが必須です。

 

痛みが出ると、痛みをかばおうとして、スイングに変なクセがついてしまうので、早期の改善が必要です。

 

腕や肘は日常的によく使うものなので常に負担がかかっています。ゆえにゴルフ肘はスポーツ障害のなかでも治りにくい症状です。

 

痛みを感じたら早めに整体などの対策が必要です。

 

ストレッチなどで予防することも効果的です。

 

▶▶まとめ 

①当院では、肘の炎症に対しては、炎症部分の血流を改善して、栄養を送り、老廃物を流せるようにして回復を促していきます。

 

②また、肘だけでなく、背骨・骨盤・股関節の柔軟性も考慮した整体を行うことで、根本的な解決と再発を予防していきます。

ゴルフ肘で痛みが出る部分

ゴルフ肘とよく似た症状にテニス肘があります。

 

テニス肘には、バックハンドテニス肘とフォアハンドテニス肘の2種類があります。

 

バックハンドテニス肘

テニス肘のほとんどはバックハンドテニス肘のことです。

 

バックハンドで痛みが出て、初心者から上級者までに多い症状です。

 

上腕骨外側上顆炎と呼ばれるもので、肘の外側の出っ張った部分に痛みが出ます。

 

ラッケトでボールをバックハンドで打ったときに、その衝撃が肘の外側に伝わり負担となり、痛みとして症状が出てくるものです。

 

進行するとフォアハンドでも痛みが出てきてラケットを握ることもできなくなります。

 

日常生活でもコップが持てないほどの痛みが出ることもあります。

 

フォアハンドテニス肘

フォアハンドで痛みが出て、上級者に多くみられる症状です。

 

上腕骨内側上顆炎と呼ばれるもので、肘の内側の出っ張った部分に痛みが出ます。

 

ラッケトでボールをフォアハンドで打ったときに、その衝撃が肘の内側に伝わり負担となり、痛みとして症状が出てくるものです。

ゴルフ肘とは

本能を利用して飛距離アップ!

▶伸張反射ってご存じですか?

伸張反射をゴルフのスイングにうまく活用することで飛距離アップが望めます。

 

▶伸張反射とは何ですか?

伸張反射とは、筋肉が十分に引き伸ばされた時に、筋肉が素早く縮もうとする人間に備わった本能的な反応です。伸張反射での筋肉の縮む力は、普通の動作の時よりも強力です。

 

▶わかりやすく例えると

身近なもので例えるならば、輪ゴムでしょうか。輪ゴムを伸ばしたときに、「少しだけ引っ張った時」と、「切れそうなところまで引っ張った時」では、戻ろうとする力と早さは、「切れそうなところまで引っ張った時」の方がありますよね。この原理がまさしく伸張反射です。

 

▶どのタイミングで利用できますか?

ゴルフでは、バックスイングで、アドレスからトップへの一連の動作において利用できます。十分に上半身をねじることで、筋肉が伸ばされて、伸張反射が利用できます。

 

▶主にどこの筋肉を利用しますか?

主に利用される筋肉は広背筋と呼ばれる筋肉です。背中や腰から上腕骨に向かってつながっています。

広背筋は上半身でもっとも大きな筋肉であり、もっとも面積の広い筋肉でもあります。

広背筋を伸張反射させて、ダウンスイングのパワーに活かすことができれば、ゴルフのパフォーマンス向上が期待できます。

 

▶注意点はありますか?

股関節の柔軟性は必須です。伸張反射を意識するあまり、ゴルフのスイングのフォームを乱してしまうこともあります。また故障の原因になることもあります。練習をしながら少しずつ取り入れてみてもよいかもしれません。

 

▶▶まとめ

①伸張反射のコツをうまくつかめれば、スイングのフォームを変更しなくても、ヘッドスピードが上がり、飛距離アップも可能となります。

 

②筋力を強化するトレーニングをしなくても、18ホール回れる筋力があれば、今現在の飛距離より10~20%程度の飛距離アップなら可能となることがあります。

広背筋について

ゴルファーの腰痛と肘痛を関節の役割から考察すると

ゴルファーにとって腰のコンディションは最優先課題のひとつです。

 

腰のコンディションは股関節や筋肉に影響を受けますが、関節に着目した理論もあります。

 

この理論をご紹介します。

 

この理論は、ジョイント・バイ・ジョイント理論というものです。

 

具体的には、関節には「身体を動かすときに可動の役目をする関節(モビリティ関節)」と「身体を動かすときに安定の役目をする関節(スタビリティ関節)」の2種類あり、ゴルフのようなスポーツでは、それぞれの関節が役目通りの働きをすることで、スイングが無理なく円滑にできるというものです。

 

この考え方に従って身体を動かすことで、怪我や故障の予防となり、ゴルフのパフォーマンスの向上が期待できます。

 

この考え方をゴルファーの腰(腰痛)について考えてみます。

 

腰椎は構造的にほとんど回旋するようにはできていません。回旋角度は数度程度と言われています。

 

ゴルフのスイングの時に腰椎を回すという動作は、実は股関節や胸椎の動作です。

 

股関節や胸椎の回旋の動作が制限されてしまうと、ゴルフのスイングの時に腰椎が無理をして回旋しようとします。

 

腰椎の構造的な回旋角度以上に回旋することで腰椎が故障してしまいます。また慢性腰痛の原因にもなり、ますますスイングが不安定になります。

 

次にゴルファーの肘(ゴルフ肘)について考えてみます。

 

肘関節は構造的に蝶番のように肘を曲げる方向にしか動作できません。

 

肘関節(安定性)は肩関節(可動性)と手関節(可動性)の間にあります。

 

ゆえに、肩関節と手関節の動作が制限されてしまうと、その間にある肘関節に影響は出てきます。

 

ゴルフのスイングの時に肘関節が、肘を曲げる方向以外の無理な力がかかってしまい、故障の原因となります。

 

▶まとめ 

 

①腰痛に関しての当院でのアプローチの方法は、股関節や胸椎の動作の可動性を取り戻していく整体を行っていきます。

 

②股関節や胸椎の本来の関節の役目を取り戻していくことで、腰の状態を改善していきます。

 

③肘痛(ゴルフ肘)に関しての当院でのアプローチの方法は、肩関節や手関節の動作の可動性を取り戻していく整体を行っていきます。

 

④肩関節や手関節の本来の関節の役目を取り戻していくことで、肘の状態を改善していきます。

 

⑤腰や肘の状態が改善されると、ゴルフのスイングが安定していき、飛距離延長が期待できます。

主な関節の役目

ゴルフとイメージトレーニング

イメージトレーニングという言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

 

イメージトレーニングの効果は科学的に証明されています。

 

日本を代表とするトップアスリートの多くも取り入れています。

 

これを読んでいるゴルファーの方もすでにご存じのことでしょう。

 

また取り入れられている方もいらっしゃることでしょう。

 

人間の脳は、実に興味深いもので、実際に起きていることと、想像の中で起きていることの区別をつけることができません。そのことをうまく利用したものがイメージトレーニングです。

 

具体的なイメージトレーニングの方法はいろいろとありますが、見て学ぶことや見て教わることにおいては、日本には昔から独自のイメージトレーニングがありました。

 

師匠の手本を見て弟子が腕を上げるというものもその一つです。

 

また武道には、見取り稽古という稽古があります。武道の達人の技を見るだけでも技術が上達するというものです。

 

ゴルフにおけるイメージトレーニングとは、実際にスイングしないで、身体を動かすことなく、プロゴルファーのスイングを観察したり、頭の中で思い描くことです。

 

たとえば、プロゴルファーのスイングを、じっくりと集中して見ていると、プロゴルファーの脳の活動が、それを見ている人にも同じように起こるというものです。そのことでプロゴルファーのスイングに近づけるというものです。

 

もちろんイメージトレーニングだけでなく、ゴルフの上達のためには、通常の練習や努力は必要です。

 

しかしゴルフ上達のきっかけとなれば、それだけでも効果ありといえます。

 

また身体のコンディションを良い状態に保つことも必要です。

 

身体のコンディションが悪いと、通常の練習ができないからです。

 

当院では独自の整体で、背骨・骨盤・股関節のゆがみやズレを整えることで、ゴルファーの方の身体のコンディションを良い状態に保つことができるよう、ゴルファーの方をサポートしています。