坐骨神経痛とは

 

最終更新日:2021/07/19

 

監修:

公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会会員

公益社団法人 大阪府鍼灸マッサージ師会会員

厚生労働大臣認定国家資格

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師

整体院ふき 院長 広川豊満 

inchou

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、腰から足にかけて伸びている太くて長い神経です。

 

坐骨神経の走行に沿うように、下肢(腰~お尻~太もも裏~ふくらはぎ~足)に痛みやしびれを起こします。

 

痛みやしびれの自覚症状は、ジンジンする、チクチクする、ピリピリする、ヒリヒリする、電気が走るような痛み、焼けるような痛み、突っ張るような痛み、引きつるような痛み、重だるいなど、さまざまです。

 

痛みやしびれが部分的に強く出ることもあれば、お尻から足まで全体的に強く出ることもあります。

 

若年者では椎椎間板ヘルニアが原因のことが多く、高齢者では脊柱管狭窄症が原因のことが多いです。

zakotu_setumei01

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の原因には、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、梨状筋症候群などの病気があります。

 

上記の病気によって、飛び出した椎間板、変形した骨、硬くなった筋肉などが坐骨神経を圧迫することで、足腰に痛みやしびれが生じるものです。

zakotu_setumei02

坐骨神経痛の原因になる病気とは?

椎間板ヘルニア

腰椎と腰椎の間には椎間板があり衝撃を吸収する働きをしています。

 

その椎間板がつぶれて中身が飛び出して、飛び出した部分が神経を圧迫することで痛みやしびれが出てきます。

 

発症しやすい部位は「腰椎4番目と腰椎5番目の間の椎間板」や「腰椎5番目と仙骨の間の椎間板」です。

 

前屈みになった時に痛みやしびれが出るのが特徴です。

 

20代から40代の男性によく発症します。

 

脊柱管狭窄症

腰椎が変形するなどして背骨の中の神経が通る管(脊柱管)が狭くなってしまうことで神経が圧迫されて痛みやしびれが出てきます。

 

発症しやすい部位は「腰椎4番目と腰椎5番目の間」や「腰椎3番目と腰椎4番目の間」です。

 

体を後ろに反らした時に痛みやしびれが出るのが特徴です。

 

40代以上の男性によく発症します。

 

腰椎分離症、腰椎すべり症

腰椎分離症は小学生から高校生の子どもの頃の腰に負担のかかるスポーツによる腰椎の疲労による骨折が原因です。

 

分離した腰椎が正しい位置からズレてしまい神経を圧迫することで痛みやしびれが出てきます。

 

進行してさらにズレてしまったものを腰椎すべり症と言います。

 

梨状筋症候群

坐骨神経は骨盤にある梨状筋と呼ばれる筋肉の下をくぐり抜けるように走っています。

 

梨状筋が硬くなることで坐骨神経が圧迫されて痛みやしびれが出てきます。

zakotu_setumei03

病院での診断

坐骨神経痛の診断は、主にレントゲン、CT、MRIの画像により原因の病気を特定します。

 

また年齢、生活習慣、既往歴、症状なども考慮しながら総合的に診断されます。

zakotu_setumei04

病院での治療の流れ

①まずは薬(消炎鎮痛剤や血行改善薬など)を処方されます。

 

②患部に電気を当てたり、暖めたり、マッサージ、コルセット、体操なども行われる場合もあります。

 

③薬で効果が不十分な場合はブロック注射を行います。

 

④薬やブロック注射で効果が出ない場合は手術を勧められることもあります。

zakotu_setumei05

手術が必要な場合

①下肢の筋力が低下して歩くのが難しい場合

 

②排尿排便に障害がある場合

 

③耐えられない激しい痛みがある場合

 

このような症状などがある場合は速やかに病院を受診してください。

zakotu_setumei06

日常生活で気を付けること

腰椎に負担がかからないようにすることが大事です。

 

「あぐらをかかない」

「横座りをしない」

「座りっぱなし・立ちっぱなしを避ける」

「同じ姿勢を長時間とらない」

「重たい荷物をもたない」

「中腰での作業は避ける」

「身体を冷やしすぎない」

「ストレスをため込まない」

などが上げられます。

 

できるだけ早く専門家にご相談することをお勧めします。

zakotu_setumei07