男性更年期障害の改善について

〒572-0088 大阪府寝屋川市木屋元町2-5

電話番号 090-5468-2561 

本当に良くなるのかしら…

私に合っているか不安…

そんなあなたへ

特別な提案があります!

 ①当院を友だち追加します。

 ②お名前・希望の日時などを送信します。

 ③当院から送信が届きます。

 ④通常翌営業日までに連絡いたします。

 ⑤ご相談後に予約完了となります。

 

 ・施術中は電話に出られません。

 ・留守電に名前・電話番号を残して下さい。

 ・通常翌営業日までに連絡いたします。

 ・録音がない場合は連絡できません。

 

 ・メールからご予約やご相談ができます。

 ・通常翌営業日までに連絡いたします。

 

男性更年期障害で

このようなお悩みありませんか?

✅疲れやすくなった

 

✅根気が続かない

 

✅記憶力が衰えた

 

✅やる気が出ない

 

✅イライラする

 

✅何となく不安な気分になる

 

✅いろいろと衰えを感じる

ご安心ください!

このような症状にお悩みなら

整体院ふきにお任せ下さい

 

国家資格者による

安心安全な施術にお任せ下さい!

 

男性更年期障害を改善したい方は当院へ

当院独自の「背骨しなやか整体」という施術法が男性更年期障害を改善します。

 

男性更年期障害の原因である自律神経の不調からくる自然治癒力を高めていきます。

 

身体に痛みと負担の少ない方法で自然治癒力を高めていきます。

 

自律神経の不調が整えられると、自律神経のバランスも整ってきて、自然治癒力も高まって、男性更年期障害を繰り返さない身体になっていきます。

 

男性更年期障害がつらくて不安な毎日を過ごしている方は、ぜひ一度当院の施術を受けてください。

 

自律神経の不調を調整して、自然治癒力を高めて、男性更年期障害に悩まされない心身を目指しましょう。 

 

男性更年期障害とは

東洋医学では、女性は7の倍数で体に変化があらわれると考えられていますが、

男性は8の倍数で体に変化があらわれると考えられています。

 

男性の場合、8の倍数の40歳前後から心身の変化がゆるやかに現れだして、8の倍数の48~56歳あたりで衰えが激しくなります。

 

40代から50代のこの時期に、男性更年期障害が起こりやすくなります。

 

この時期は仕事をバリバリこなしていきたい年齢ですが、男性更年期障害になってしまうと、心身が重い通りにならず落ち込んでしまうこともしばしば見受けられます。

 

とくに男性更年期障害では、EDや性欲減退などの性機能の低下のお悩みのご相談をよくいただきます。

 

原因は?

男性更年期障害はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも呼ばれています。

 

男性更年期障害とは、加齢による男性ホルモンの低下による身体機能の低下やさまざまな症状が起こるものです。

 

加齢による男性ホルモンの低下によって、男性ホルモンが必要としている臓器に十分に男性ホルモンが行き渡らないために、それらの臓器の機能に障害が生じるものです。

 

男性においては、男性ホルモンは多くの重要な生理的な役割(筋力の維持、骨の成長、脳・中枢神経系、前立腺、骨髄、皮膚、男性の性機能、腎臓、肝臓など)を担っています。

 

脳の下垂体という器官から、精巣に対して男性ホルモンを分泌する指令が出て、男性ホルモンが分泌されます。ちなみに男性ホルモンは精巣から分泌されます。

 

40代から50代は、仕事では、中間管理職としてのプレッシャー、配置転換、リストラ、転職などの不安があり、家庭では、親の介護や、子供の進学、夫婦間の問題を抱える時期でもあり、ストレスの多い時期です。

 

加齢もそうですが、そのようなストレスでダメージを受けると、脳が疲労してしまい、精巣に対して男性ホルモンを分泌する指令が出にくくなり、結果として男性ホルモンの分泌が減ってしまい、男性更年期障害の原因となります。

 

男性更年期障害の主な症状

男性ホルモンの低下は多くの臓器・器官・組織で機能低下や異常を引き起こすので、さまざまな症状が現れてきます。

 

骨密度低下、筋肉量低下、造血能低下、内臓脂肪増加、耐糖能異常、高脂血症、高血圧、性機能低下、意欲・精神機能の低下、睡眠障害、うつ症状、認知機能低下など

 

男性更年期障害の病院での検査

問診や血液検査が行われます。

 

男性更年期障害の質問票(AMSスコア)でチェックします。

①総合的に調子が思わしくない

②関節や筋肉の痛み

③ひどい発汗

④睡眠の悩み

⑤よく眠くなる、しばしば疲れを感じる

⑥いらいらする

⑦神経質になった

⑧不安感

⑨からだの疲労や行動力の減退

⑩能力の低下

⑪憂うつな気分

⑫「人生の山は通り過ぎた」と感じる

⑬力尽きた、どん底にいると感じる

⑭ひげの伸びが遅くなった

⑮性的能力の衰え

⑯早朝勃起(朝立ち)の回数の減少

⑰性欲の低下

 

これらの症状をそれぞれなし・軽い・中程度・重い・非常に重いで点数をつけて、それらの合計で評価します。

 

更年期障害の病院での治療

テストステロン補充療法、漢方薬、生活改善(適度な運動、バランスのとれた食生活、良質な睡眠、ストレスを解消)などが行われます。