緊張型頭痛・片頭痛の改善について

 本当に良くなるのかしら…

私に合っているか不安…

そんなあなたへ

特別な提案があります!

 ①当院を友だち追加します。

 ②お名前・希望の日時などを送信します。

 ③当院から送信が届きます。

 ④通常翌営業日までに連絡いたします。

 ⑤ご相談後に予約完了となります。

 

 ・施術中は電話に出られません。

 ・留守電に名前・電話番号を残して下さい。

 ・通常翌営業日までに連絡いたします。

 ・録音がない場合は連絡できません。

 

 ・メールからご予約やご相談ができます。

 ・通常翌営業日までに連絡いたします。

 

国家資格者による

安心安全な施術にお任せ下さい!

 

頭痛を改善したい方は当院へ

当院独自の「背骨しなやか整体」という施術法があなたの頭痛を改善します。

 

頭痛の原因である自律神経の不調からくる自然治癒力を高めていきます。

 

身体に痛みと負担の少ない方法で自然治癒力を高めていきます。

 

自律神経の不調が整えられると、自律神経のバランスも整ってきて、自然治癒力も高まって、頭痛を繰り返さない身体になっていきます。

 

頭痛がつらくて不安な毎日を過ごしている方は、ぜひ一度当院の施術を受けてください。

 

自律神経の不調を調整して、自然治癒力を高めて、頭痛のない身体を目指しましょう。 

 

緊張型頭痛とは

頭痛患者の70~80%が緊張型頭痛と言われています。

 

別名、筋緊張性頭痛や筋収縮性頭痛とも言われています。

 

緊張型頭痛を感じる部位

両側の後頭部から首の後ろにかけて起こります。

 

ときに側頭部や前頭部に起こることもあります。

 

緊張型頭痛の感じ方

鈍い痛み多く、圧迫感、締め付け感を訴えられます。

 

後頭部から首の後ろにかけてのうずき、圧迫感、緊張感、頭重感を訴える方が多いです。

 

「頭をバンドで締め付けられる感じ」や「お釜をかぶせられた感じ」と表現される方もいます。

 

緊張型頭痛の痛みの度合い

軽度から中程度に痛みで、我慢できる程度のことが多く、日常生活に支障が出ることは比較的少ないようです。

 

緊張型頭痛の持続時間・頻度

数時間で治まることもあれば数日続くこともあります。

 

慢性化したり、再発を繰り返す方が多くいます。

 

緊張型頭痛の原因

肉体的なストレスや精神的なストレスが原因で、頭の筋肉、首の筋肉、肩の筋肉が緊張して、血流が悪くなることで起こります。

 

片頭痛とは

成人の8%が片頭痛をもっているとされています。

 

男女比は1:2で、20~40代の女性に多くみられます。

 

片頭痛を感じる部位

片側または両側のこめかみ辺り起こります。

 

片頭痛の感じ方

ズキンズキンと脈打つような強い痛みが起こります。

 

吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

 

片頭痛の痛みの度合い

日常生活に支障をきたすほどの強い痛みです。

 

痛みのせいで仕事ができなくなったり、寝込んでしまうこともあります。

 

前兆がある片頭痛

視野の一部でチカチカ火花が出て、その部分が見えなくなる視覚異常(閃輝暗点:せんきあんてん)が前兆として起こります。

 

ズキンズキンと脈打つ頭痛が現れて、数十分で最もひどくなって、数時間続きます。その間、吐き気や嘔吐を繰り返します。

 

家族性のことが多く60~80%にみられます。

 

前兆のない片頭痛

片頭痛のなかではもっとも多く80%がこのタイプです。

 

前兆がなくズキンズキンと脈打つ頭痛が最初から現れます。

 

頭痛は4~72時間続き、体を動かすと悪化します。吐き気や嘔吐もみられ、光や騒音を嫌い、寝込んでしまうことが多くみられます。

 

家族性の頻度は少ないと言われています。

 

片頭痛の原因

原因については諸説ありますが、頭蓋骨の中の神経(三叉神経)の周りにある血管の異常な拡張が、三叉神経を圧迫することで、痛み、吐き気、嘔吐が起こるものと考えられています。

 

片頭痛の起こしやすい食物

チョコレート、チーズ、オレンジ、赤ワインなどが上げられます。

 

群発頭痛とは

群発頭痛でお悩みの方は1000人に1人と言われています。

 

頻度としては片頭痛の1/100以下で、20~40代の男性に多くみられます。

 

群発頭痛を感じる部位

片側の目の奥に激烈な痛みを感じます。

 

目の奥だけでなく、目の周り、側頭部、前頭部まで痛みを感じることがあります。

 

群発頭痛の感じ方

「キリで突かれるような痛み」「目の玉をえぐられるような痛み」「人間が感じる痛みの中でも最悪の痛み」と表現されるような、ものすごく強烈な痛みを感じます。

 

痛みで苦しんでいる間、目の結膜の充血、流涙、鼻詰まり、鼻汁などを伴います。

 

群発頭痛の持続時間・頻度

症状が出始めると、1~2カ月間、毎日決まった時間に起こり、15~180分間続きます。

 

1~数年に1度ほぼ同じ時期に反復します。間欠期にはまったく症状はでません。

 

群発頭痛の原因

原因については諸説ありますが、目の奥にある血管の異常な拡張が、その周りの神経を圧迫することで、症状が起こるものと考えられています。

 

薬物乱用頭痛とは

頭痛になるのはイヤだから「頭痛になるかも」と感じたらすぐに頭痛薬を飲んだり、頭痛になってしまったから「早く治したい」と思ってすぐに頭痛薬を飲むような状況が続いている方は意外と多いものです。

 

このような状況が続いて、頭痛薬を飲む回数が増えていき、月に10日以上頭痛薬を飲んでしまっている方は、薬物乱用頭痛を起こしている可能性があります。

 

「とりあえず頭痛薬を飲んでおこう」という方は注意が必要です。

 

病院で処方される頭痛薬だけでなく、ドラッグストアーで売っている市販薬でも、薬物乱用頭痛を起こすこともあります。

 

薬物乱用頭痛は、緊張型頭痛や片頭痛の方が頭痛薬を飲み過ぎることで、慢性化してしまい、頭痛薬の飲み過ぎで、かえって頭痛をひどくしてしまう状態のことをいいます。

 

薬物乱用頭痛には、薬に頼らない予防的な頭痛対策が必要です。

 

薬に頼らない予防的な頭痛対策として、当院の整体をお試しください。

 

頭痛の種類

頭痛には、一次性頭痛と二次性頭痛があります。

 

一次性頭痛は、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などがあります。

 

二次性頭痛は、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞・脳腫瘍・外傷・感染などの重大な病気が原因で起こる二次的な頭痛です。

 

危ない頭痛・まずは確認を!

あなたの頭痛で、次のような症状がみられる場合は、重大な病気が原因で発生している可能性があるので、早急に病院を受診してください。当院では受け入れできません。

 

・突然の頭痛

・今まで経験したことのない頭痛

・いつもと様子の異なる頭痛

・頻度と程度が増していく頭痛

・50歳を過ぎて初めて起こった頭痛

・しびれやまひなど神経症状を伴う頭痛

・がんや免疫不全の病気がある人の頭痛

・精神症状の変調を伴う頭痛

・発熱、嘔吐などを伴う頭痛

 

日本頭痛学会編「慢性頭痛の診療ガイドライン」より