アトピーとあぶら(油脂)について【寝屋川の整体院ふき 東洋医学的ブログ】

 

アトピーにあぶら(油脂)がよくないと言われますが、具体的にあぶら(油脂)とはなんでしょうか?

 

まずは、油と脂の違いについて説明いたします。

 

液体と固体で分けると、

常温で液体のものを「油」、

固体のものを「脂」とに分けられます。

 

原材料で分けると、

植物からできているものは「植物油脂」、

動物からできているものを「動物油脂」とに分けられます。

 

化学的な性質の違いで分けると、

「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」に分けられます。

 

不飽和脂肪酸については、人の体で作ることのできる「オメガ9系」と

人の体で作ることのできない「オメガ6系」「オメガ3系」に分けられます。

 

いろいろな分け方がありややこしいので、

おおまかにまとめますと、

 

「油」は液体で植物からできていて不飽和脂肪酸で、3つに分類されます。

 

■オメガ9系脂肪酸(一価不飽和脂肪酸)

・オレイン酸:キャノーラ油・オリーブオイル、べに花油、こめ油など

 

■オメガ6系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)

・リノール酸:・大豆油・コーン油・ひまわり油・大豆油、綿実油、ひまわり油など

・加工食品:上記のリノール酸を使って作られるもの

サラダ油、ポテトチップス、フライドポテト、スナック菓子、マヨネーズ、クッキー、ドレッシング、植物性クリーム、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなど

 

■オメガ3系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)

・αリノレン酸:えごま油、あまに油など

・DHA、EPA:イワシ、サンマ、青魚など   

 

 

「脂」は固体で動物からできていて飽和脂肪酸です。

 

■肉の脂身、バター、ラードなど

 

 

油脂とアトピー性皮膚炎との関係はどうなっているかというと、

 

オメガ6系脂肪酸(リノール酸、加工食品)の摂取量の増加とオメガ3系脂肪酸(αリノレン酸、DHA、EPA)の摂取量の低下が、アトピー性皮膚炎と関係があると報告されています。

 

では、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸は、どのように摂取したらよいのでしょうか?

 

オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の理想の摂取バランスは、オメガ6系脂肪酸:オメガ3系脂肪酸=1:4と言われています。(研究者によっては1:2とも言われています)

 

現代人は、サラダ油を使った料理、ポテトチップス、フライドポテト、スナック菓子、マヨネーズ、クッキー、ドレッシング、植物性クリーム、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどのオメガ6系脂肪酸をたくさん摂取する傾向があります。 

 

アトピー性皮膚炎の症状の改善のためにも、オメガ6系脂肪酸(リノール酸や加工食品など)を控え、オメガ3脂肪酸(αリノレン酸やDHA、EPAなど)を日常的に摂取できるようにしたいものですね。

 

 

▶日常の食生活と「あぶら」について

 

とくに日常の食生活でマーガリンはよく使われている食材です。

 

マーガリンは取り過ぎると体に良くないと言われています。

 

マーガリンにはトランス脂肪酸が含まれています。

 

マーガリンは人工的に作られています。

 

作る時に水素を添加するので、そのことが原因でトランス脂肪酸を発生します。

 

トランス脂肪酸は自然にはもともと存在しないもので、体内では処理できません。

 

体内では毒物として処理を行おうとしてしまい、その結果炎症を引き起こしてしまいます。

 

日頃からトランス脂肪酸をたくさん取り過ぎていると、心筋梗塞などの病気になる可能性が高くなるといわれています。

 

アレルギー性の病気についても関連が認められています。

 

トランス脂肪酸が含まれているマーガリンは世界的に見て規制される方向にあります。

 

 

 

こちらのブログもお読みください。

 

クリックでリンクにジャンプします。

 

▶アトピー整体

 

▶アトピーと心・自律神経の関係にお気づきください

 

 

 

 

【寝屋川の整体院ふき】

 

当院独自の東洋医学的な整体であなたのお悩みを改善に導きます。 

 

お気軽にご連絡ください。 

 

住所:寝屋川市木屋元町2-5 

 

電話:090-5468-2561