腰痛と腎の関係性【寝屋川の整体院ふき 東洋医学的ブログ】

 

東洋医学では内臓の働きを五臓六腑に分類しました。

五臓は「肝」「心」「脾」「肺」「腎」のことです。

六腑は「胆」「小腸」「胃」「大腸」「膀胱」「三焦」のことです。

 

とくに腰痛は腎と関係が深いです。

 

東洋医学で「腰は腎の府」といわれていて、昔から腰と腎臓には密接な関係があるとわかっていました。

 

腰のあたりに腎臓は位置していて、なんとなく腰痛に関係していると考えられることでしょう。

 

では、西洋医学ではどうなっているでしょうか。

 

西洋医学では、腰痛の原因となるいくつかの筋肉は、腎臓を包み込む膜とつながっていることがわかっています。

 

つまり、腎臓が疲れて腎蔵の機能が低下すると、腰痛の原因となるいくつかの筋肉に影響を及ぼして、腰痛を起こすこともある、ということです。

 

東洋医学では下記のことが腰痛の原因と考えられています。

 

1.「寒」が原因の腰痛

  気温が低くて腰が冷えると血行不良で筋肉が硬くなり腰痛となるもの。

2.「湿」が原因の腰痛

  たとえば、雨が降ると腰痛になるといったもの。腰が重だるく感じる。

3.「腎虚」が原因の腰痛

   腎の陰陽のバランスが崩れたり、腎の衰え等が原因です。腰に力が入らない。

4.「瘀血」が原因の腰痛

  ケガなどの後遺症が原因で腰痛になるもの。刺すような痛みがある。

 

「腎」は両親から受け継いだ生命力=腎精を蓄えているものと考えられています。過労や

老化などが原因でこの腎精が不足してしまい、腎が位置している腰の筋肉が弱ることで腰

痛になるとも考えられています。

 

当院では、西洋医学と東洋医学のこのような身体の仕組みを理解しているので、腰痛を効

果的に改善に導いています。

 

あなたの腰痛も当院で改善を目指してみませんか?

 

 

 

 

 

【寝屋川の整体院ふき】

 

当院独自の東洋医学的な整体であなたのお悩みを改善に導きます。 

 

お気軽にご連絡ください。 

 

住所:寝屋川市木屋元町2-5 

 

電話:090-5468-2561