ゴルファーにとって股関節の柔軟性が必須な理由②【寝屋川市の整体院ふき 東洋医学的ブログ】

 

満足いくフォームでスイングできたはずなのに、思った以上に飛距離が伸びないといったことありませんか?

 

その原因は股関節がうまく使えていないのかもしれません。

 

股関節が柔軟でないと、思ったより身体が旋回できていない場合があります。

 

股関節はあまり意識されることはないかと思われますが、その股関節の動きにはたくさんの筋肉が関わっています。

 

どれかひとつの筋肉でも硬くなってしまうと、股関節に関わっている筋肉は、バランスを崩してしまい、股関節の柔軟性に問題が出てきます。

 

当院では、独自の整体で、股関節に関わっている筋肉の柔軟性を回復を促しています。

 

股関節の柔軟性が回復し、身体の旋回能力も向上していきます。

 

その結果、スイングが安定していき、飛距離延長が期待できます。

 

▶▶まとめ

①安定したスイングには、股関節の柔軟性が必須です。

 

②股関節の柔軟性は、股関節に関わりのある筋肉の柔軟性でもあります。