寝屋川・枚方市で椎間板ヘルニアなら 整体院ふき

椎間板ヘルニアとは

椎間板は上下の背骨と背骨の間にサンドイッチのように挟まっていて衝撃を和らげるクッションの役目をしています。

 

椎間板は中心部に髄核があり、線維輪が髄核を囲むようにできています。

 

椎間板ヘルニアは、老化のために椎間板が変化して、線維輪に切れ目が生じて、中心部にある髄核がその切れ目から出てきてしまい、神経を圧迫してしまう状態のことです。

 

椎間板ヘルニアは、頚椎、胸椎、腰椎のどこにでも発生しますが、ほとんどが下部の腰椎(腰椎4番目と腰椎5番目の間、腰椎5番目と仙骨の間)に多く発症します。

 

そのため、単に「椎間板ヘルニア」という場合は、腰部のものをいうことが多いです。

 

20代から40代の男性に発生する割合が多いです。

 

発生しやすい部位は、腰椎4番目と腰椎5番目の間、腰椎5番目と仙骨の間で、約80%はこれらの部位に起こります。

 

20代から40代の人では、まったく症状がなくてもMRIを撮ったら約76%の人にヘルニアが見つかるといわれています。

 

つまり、20代から40代の人では、ヘルニアがあっても症状がない人は約76%もいるということです。

 

これを無症候性の椎間板ヘルニアといいます。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板にはほとんど血管が行き渡っていないので、老化による変形を起こしやすく、小さな傷ができても修復に時間がかかり、大きな傷ならなおさらです。椎間板の老化は10歳ころから始まります。 

 

椎間板の中心部にある髄核の水分を含んでいる割合は、小児期で約88%ありますが、老年期には、約66%まで低下します。 

 

加齢により、水分を含んだ「プルプル」から「カサカサ」な状態になり、弾力性が低下します。 

 

「カサカサ」な弾力性が低下した状態で、椎間板に日常生活、仕事、スポーツなどによる繰り返し捻れるような力が加わることで、椎間板の線維輪に切れ目が生じやすくなり、ヘルニアを起こす原因となります。

椎間板ヘルニアの症状

代表的な症状には、腰の痛みや下肢の痛みがあります。 

 

腰部だけが痛むこともあれば、腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、足まで痛みやしびれが生じることもあります。 

 

腰椎4番目と腰椎5番目の間にある椎間板のヘルニアの場合は、ふくらはぎの外側から足の親指にかけて、痛みやしびれが生じます。 

 

腰椎5番目と仙骨の間にある椎間板のヘルニアの場合は、膝の後ろ側から足の裏側にかけて、痛みやしびれが生じます。 

 

お辞儀をするような前かがみの姿勢になったりすると、神経が圧迫されて痛みやしびれが強く出ます。 

 

反対に背中を伸ばしているときは痛みやしびれが楽になります。 

 

悪化すると麻痺や膀胱直腸障害などが起こる場合もあり、緊急手術の適応となります。

病院での診断

MRI、CT、筋力検査、感覚検査などが行われます。

 

生活習慣、いつから痛いのか、どんな痛みか、痛みの場所、痛みの程度などの確認が行われます。

 

画像診断としては、椎間板はレントゲンでは映らないので、MRIで椎間板を映し出す検査が行われます。

 

神経の検査としては、筋力が低下の検査、感覚の異常の検査、下肢伸展挙上テストや大腿神経挙上テストなどが行われます。

 

上記以外にも確認や検査が行われることもあり総合的に診断されます。

病院での主な対応

椎間板ヘルニアの治療は保存的治療と手術的治療があります。

 

椎間板ヘルニアは自然に治ることもあるので、緊急性の高い症状以外は、まずは保存的治療で様子を見るのが一般的です。

 

保存的治療で症状が改善しない場合には手術を勧められることがあります。

 

【保存的治療】

 

 

まずは保存的療法が行われます。 

 

①安静の指示 

 

②コルセットによる固定 

 

③消炎鎮痛薬の処方 

 

④湿布の処方 

 

⑤ブロック注射 

 

⑥温熱や電気の物理療法 

 

⑦その他 

 

【手術的治療】

 

最近ではできるだけ身体に負担の少ない内視鏡を用いる手術やレーザーを用いる手術が行われることが多いです。

日常生活で気を付けること

【長時間座り続けない】

 

立った状態の椎間板にかかる圧力を100とすると、座った状態の椎間板にかかる圧力は140となり、座って前屈みの状態の椎間板にかかる圧力は185となり、それぞれ1.4倍、1.85倍と負担が大きいです(出典:Nachemson.1976)。

 

ゆえに適度に休憩したり立ったりして椎間板に負担をかけ続けないようにしましょう。

 

【姿勢を正しくする】

 

立った状態の椎間板にかかる圧力を100とすると、立って前傾の状態の椎間板にかかる圧力は150となり、立って前傾で荷物を持つ状態の椎間板にかかる圧力は220となり、それぞれ1.5倍、2.2倍と負担が大きいです(出典:mson.1976)。

 

ゆえに猫背のような悪い姿勢では椎間板に負担がかかるので、正しい姿勢を心がけましょう。

 

【その他】

 

あぐら、横座り、うつぶせは椎間板に負担がかかるので避けましょう。

 

中腰は椎間板に負担がかかるので、中腰となるような作業を行うときは道具などを工夫して中腰とならないようにしましょう。

 

荷物を持ち上げるときは、膝を曲げてしゃがんで腰を落として、荷物を体に近づけて、背中をまっすぐにして膝を使って持ち上げるようにしましょう。

 

【まとめ】

 

上記はほんの一例です。

 

腰に負担がかからないような日常生活での注意や工夫が、椎間板ヘルニアの予防や再発防止には大切です。