寝屋川・枚方市で坐骨神経痛なら 整体院ふき

坐骨神経痛とは

坐骨神経に沿って、下肢から腰背部にかけて痛みをきたすもので、80%は腰椎椎間板

ヘルニアが原因といわれています。

 

30~40代の発症がもっとも多いといわれています。

坐骨神経痛の原因

原因としてもっとも多いものに腰椎椎間板ヘルニアがあります。 

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎間板が変形して中身がはみ出して、神経を刺激することで症状が起こるものです。 

 

腰椎4番目と腰椎5番目の間、腰椎5番目と仙骨の間の椎間板に起こることが大部分です。 

 

その他の原因としては、50~60代以降の腰部脊柱管狭窄症が原因となることもあります。

坐骨神経痛の症状

痛みは、坐骨神経に沿って(太ももの後ろ側、膝裏、ふくらはぎ、足)広がります。 

 

腰の痛みや下肢の痛みは、それぞれ単独で出たりすることもあれば、合わさって出たりすることもあります。 

 

多くの場合、日常生活、仕事、スポーツなどで腰痛を繰り返しているうちに急に悪化します。

病院での診断

椎間板ヘルニアに準じた、MRI、CT、筋力検査、感覚検査などが行われます。

病院での主な対応

まずは保存的療法が行われます。

 

①安静の指示

 

②コルセットによる固定

 

③消炎鎮痛薬の処方

 

④湿布の処方

 

⑤ブロック注射

 

⑥温熱や電気の物理療法

 

⑦その他 

 

保存的治療で症状が改善しない場合には手術を勧められることがあります。