坐骨神経痛 | 寝屋川・枚方の整体 | 整体院ふき

〒572-0088 大阪府寝屋川市木屋元町2-5

電話番号 090-5468-2561

坐骨神経痛のあなたへ

 

病院や整骨院で改善しないと

あきらめているあなたへ!

 

重症な坐骨神経痛

つらい痛みやしびれが

 

どこに行っても治らない…

あきらめていないで

本気で改善しませんか?

感想1
感想2
感想3

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

根本から原因をシャットアウト

当院独自の「神経指圧」でお悩みを改善

神経は、脳から伸びて、背骨を通って、筋肉の間を縫うように、全身に張り巡らされており、脳からの信号を全身に伝えたり、また全身の情報を脳にフィードバックしています。

 

ゆえに神経の通りが悪くなると

 血の巡りが悪くなる…

 筋肉が硬くなる…

 関節が硬くなる…

 内臓の働きが低下する…

ので、足腰の痛みやしびれ、腰痛、坐骨神経痛の原因になります。

 

当院独自の「神経指圧」は、直接的・間接的に神経にアプローチすることで、症状の改善を目指していきます。

当院に関するページ

症例解説

あん摩マッサージ指圧師免許
あん摩マッサージ指圧師免許
はり師免許
はり師免許
きゅう師免許
きゅう師免許

もしあなたが治療院選びで

費用も時間も

無駄にしない結果

を望むなら

この先をお読みください

☑シップや薬が手放せない

☑ブロック注射が効かない

☑この先どうなるのか不安

☑3ヶ月以上も悩んでいる

☑手術をすすめられている

☑痛みのせいで寝られない

もう大丈夫です

1つでも当てはまるなら

当院があなたの

\お役に立てます/

改善実績①

改善実績1

来院のきっかけ

以前から坐骨神経痛に悩まされていました。整形外科では脊柱管狭窄症と言われて、シップと薬をもらっていましたが、効果は感じられなかった。腰から足にかけての痛みが激しくなり、仕事をするのもやっとのことで、このままでは仕事を辞めるしかないと不安になり、来院となりました。

 

施術経過

当院独自の整体を行い、6回目の施術で強い痛みは治まりました。改善のペースはゆっくりでしたが、回数を重ねるごとに順調に症状は改善していき、支障なく仕事ができるまでに改善しました。 

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

改善実績②

改善実績2

来院のきっかけ

以前からお尻から太ももの裏側に激痛を感じていました。だんだんと立ったり歩いたりするのがつらくなり、仕事に支障がでてきて、来院となりました。

 

施術経過

当院独自の整体を行い、3回目の施術で効果を実感されました。順調に坐骨神経痛の症状は改善していき、立ったり歩いたりしても痛みや違和感がなくなり、支障なく仕事ができるまでに改善しました。 

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

改善実績③

改善実績3

来院のきっかけ

もともと腰痛持ちでしたが、3ヶ月前から右脚の方に痛みが出てきて、だんだんと歩くのがつらくなってきました。若いときに椎間板ヘルニアと言われたこともあり、一度見てもらおうということで来院されました。

 

施術経過

当院独自の整体を行い、4回目の施術で効果を実感されました。順調に腰痛と右脚の痛みは改善していき、普通に歩けるようになりました。問題なく日常生活も遅れるようになりました。 

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

お客様の声

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

院長プロフィール

はじめまして、寝屋川市・枚方市を中心に「坐骨神経痛」専門の整体を行っております、広川豊満と申します。

 

簡単に自己紹介させていただきます。

 

■1968年12月 大阪府生まれ

■2009年4月 整体院ふき 開設

■2013年3月 大阪行岡医療専門学校鍼灸科 卒業

■2013年4月 厚生労働大臣認定国家資格取得

■2015年8月 豊年福祉会 機能訓練指導員 就任

 

■血液型 B型

■趣味 ドライブ

■コロナワクチン2回接種済み

公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会会員

公益社団法人 大阪府鍼灸マッサージ師会会員

厚生労働大臣認定国家資格

 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師

 

「坐骨神経痛」のお悩みを抱えている方はぜひご相談ください。

 

毎日を快適に過ごせるように全力でサポートいたします。 

 

表彰実績

令和2年 公益社団法人 大阪府鍼灸マッサージ師会より感謝状を受賞しました。

 

地域に根ざした臨床に於ける功績が認められ、この度の受賞となりました。

感謝状
感謝状
国家資格者の安心の施術にお任せ下さい

整形外科や整骨院に通っていたのに

症状が改善しなかったのは

本当の原因にアプローチ

されていなかったからです。

 

本当の原因にアプローチされなければ

痛みやしびれは改善されず

不安や悩みが消えることもないでしょう。

 

しかしこのホームページを

ご覧いただいているあなたには

「整体院ふき」があります。

 

本当の原因にアプローチできる

技術があるので

あなたの身体に変化を

もたらす施術を行うことができます。

 

「もう痛みやしびれで悩みたくない…」 

「今回で治療院選びは最後にしたい…」 

そんなあなたの思いを当院は受け止めます。

 

今すぐ当院にご連絡ください。

病院や整骨院に通っても

良くならなかった方は

当院にご相談ください!

特別優待料金
施術料金
営業時間

コロナ対策実施中

コロナ対策実施中

コロナ対策①

当院は完全予約制なので、他のお客様と接触する可能性は極めて低いです。

 

コロナ対策②

施術者は毎日体温を測定して体調を徹底しています。

 

コロナ対策③

施術者はマスクの着用を徹底しています。

 

コロナ対策④

施術の都度ごとに、うがい・手洗い・手指の消毒を徹底しています。

 

コロナ対策⑤

定期的に院内の換気を行い、空気洗浄機を設置し常に運転させています。

 

コロナ対策⑥

お客様一人ずつ使い捨てのフェイスペーパーを使用しています。

 

コロナ対策⑦

お客様が使用した後のベッドは、施術の都度ごとにアルコール消毒を行っています。 

 

施術を希望される方へ

次の方は施術をお断りしています。ご了承ください。

 

①1~2回で改善したい方

 

②リラクゼーションを求めている方

 

③当院の指示を守れない方 

 

④予約時間・来院時間を守れない方

 

⑤初めから通うつもりのない方

施術を希望される方へ

初めての方へ・施術の流れ

①ご予約

当院は完全予約制です。

 

まずはお電話もしくはLINEでご予約ください。

 

施術中は電話に出ることができません。

 

留守電に切り替わりますので、お名前・電話番号をお残しください。

ご予約

 

②ご来院

【服装について】

ゆったりした動きやすい服装で来院してください。スカートはご遠慮ください。

 

【来院時間の目安】

ご予約の5分前を目安にご来院ください。

 

早すぎると前の患者様がいる場合があります。

 

【駐車スペースについて】

スペースは1台分あります。

 

1台分しかないので早過ぎると前の患者様の車があり駐車できません。

 

予約時間の5分前を目標に来院してください。

 

【予約時間に遅れる場合】

予約時間に遅れますと、その分施術時間が短くなります。 

 

次の患者様の予約時間に影響が出る場合は、施術をお断りします。 

 

予約時間になっても来院されない場合は、こちらからご連絡させていただくこともあります。

 

【キャンセルについて】

遅刻やキャンセルなどの多い患者様は、他の患者様のために予約をお断りすることもあります。

 

連絡なく5分以上の遅刻は、キャンセル扱いとさせていただき、キャンセル料が発生いたします。 

 

【キャンセルポリシー】

キャンセルや遅刻はキャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生します。

 

■当日キャンセル:施術料の100%

■無断キャンセル:施術料の100%

■5分以上の遅刻:施術料の100%

 

【予約の変更について】

予約の変更やキャンセルは前日までに、「電話」か「ライン」でご連絡ください。 

 

留守番電話の場合はメッセージをお残しください。 

 

後日当院よりご連絡をいたしますので、その時に再度予約を取り直します。

 

③問診票へご記入

お悩みの症状や身体の状態を把握するために、初回の方には問診票へのご記入をお願いします。

問診表へご記入

 

④検査

身体の状態をチェックしていき、痛みやしびれの原因を特定していきます。

検査

 

⑤説明

問診票の記載内容と検査結果をもとに、身体がどうなっていたのか、どのような整体を行っていくのかをご説明していきます。

 

疑問、不安に思うこと、伝えたいことなどがありましたら、何でもご質問ください。

説明

 

⑥施術

痛みの原因を当院独自の解剖学と生理学に基づいた整体で調整していきます。

 

国家資格保有者の安心・安全な施術を受けていただけます。

施術

 

⑦ご予約とお会計

次回のご予約とお会計をしていただき終了です。お疲れ様でした。

ご予約とお会計

当院の雰囲気

当院入口

古民家を改装したような佇まいです。

当院入口

 

院内入口

整体院ふきのエントランスです。

院内入口

 

待合

空気清浄器も設置しています。

空気にも清潔を心がけています。

待合

 

施術スペース

落ち着いたパーソナル空間です。

施術スペース

 

トイレ

店内は隅々まで清潔にしています。

トイレ

 

駐車スペース

駐車スペースを1台分ご用意しています。

ご予約時間の5分前にお越しください。

早いと先の患者様の車があり駐車できません。

アクセス

院名

整体院ふき

 

住所

〒572-0088 大阪府寝屋川市木屋元町2-5

 

電話番号

090-5468-2561

 

営業時間

完全予約制 15時~19時 日祝定休

地図

行き方

国道170号線より

国道170号線よりお越しの方は、この写真を目安に、黄色の矢印へ進入してください。

行き方1

 

国道1号線より

国道1号線よりお越しの方は、この写真を目安に、黄色の矢印へ進入してください。

行き方2

 

駐車スペース

駐車スペースを1台分ご用意しています。

 

ご予約時間の5分前にお越しください。 

 

早いと先の患者様の車があり駐車できません。

当院が選ばれる理由

解剖学と生理学に基づいた整体

慢性腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを当院独自の解剖学と生理学に基づいた施術で根本改善ができます。 

 

安心安全な整体

薬や注射に頼らない自然な施術です。 

 

ボキボキ・バキバキと矯正するようなことはありませんので、安心安全な整体を受けていただけます。 

 

当院独自の整体

必要なところだけを選び抜いて短時間にまとめた整体法です。

 

無駄な施術は一切行いません。 

 

施術時間が短いのでお身体への負担が少ないです。 

 

施術計画の提示

痛みの原因・施術計画・施術内容を説明いたします。 

 

現在の症状が「どのくらいの通院回数」「どのくらいの通院頻度」で改善するのかの目安を初回にお伝えします。 

 

国家資格者による施術

院長は厚生労働省が認めた国家資格を持った身体の構造を熟知したプロです。 

 

確かな技術・知識・経験があります。 

 

安心・安全に施術を受けていただけます。 

 

短時間の施術

施術時間は約30分程度なので身体への負担が少ないです。 

 

あなたの貴重な時間を無駄にはいたしません。 

 

寝屋川市外からも来院

当院は寝屋川市にありますが枚方市、四條畷市、門真市、守口市、大東市、交野市、大阪市からも多数来院されています。 

 

初回割引をご用意

自分に合うかどうか、一度あなたに当院の整体を受けて頂きたいので、初回の割引をご用意しました。 

 

落ち着いた雰囲気

当院は完全予約制なので待つことはありません。 

 

個別対応なので他のお客様を気にすることなく、落ち着いた雰囲気で整体を受けていただけます。 

 

他のお客様の目線を気にすることなく、リラックスして頂けますので効果もより早く実感できます。 

 

コロナ対策実施中

当院は完全予約制での個別対応なので他の患者様と接触する可能性は極めて低いです。 

 

アルコール手指消毒器、便座クリーナ、空気清浄機、換気扇を完備しています。 

 

マスクの着用、換気、手洗い、清掃消毒を徹底しています。 

 

院長自ら対応

受付・問診・施術・会計まで、すべて院長自ら応対しています。 

 

施術者がコロコロ変わることはありません。 

 

これまでのお体の状態を把握した院長が、責任をもって対応いたします。 

 

他で改善しない症状は当院へ

どこに行っても改善しない足腰の痛みやしびれの改善に実績があります。 

 

諦める前にぜひ当院へご相談ください。 

 

高い専門性

当院は坐骨神経痛専門なので、専門性が高く知識も技術も豊富で重症な症状の改善が大いに期待できます。 

 

たくさんのメニューを掲げているところは、専門性に乏しく知識も技術も広く浅いので重症な症状には不向きです。

よくある質問

ブロック注射が効きません

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の足腰の痛みやしびれでお悩みの方で、痛み止めの薬を飲んでいても、痛みやしびれが軽減できない時に、一度は検討されたことがあるのではないでしょうか。 

 

ブロック注射とは、目的とする神経に局所麻酔薬を注射して、痛みやしびれを脳に伝える神経の働きをブロック(遮断)するものです。  

 

痛みやしびれの改善を期待してブロック注射をしてもらっても、症状が取れずに、がっかりされた方も多いことでしょう。 

 

このような場合、MRIで背骨や椎間板の変形が神経を圧迫している画像が撮れても、その部分が足腰の痛みやしびれの原因ではなかったということです。 

 

症状が出ない無症候性の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症というものもあり、背骨や椎間板の変形がかならずしも症状の原因とは限りません。  

 

つまり、MRIで神経の圧迫が見つかっても、症状が出る場合と出ない場合があるということです。 

 

筋肉と骨格・血流と神経から症状を検討していくことが必要です。 

 

手術をしても改善しません

椎間板ヘルニアでは、椎間板が飛び出して神経を圧迫していることがMRIを撮って見つかって、手術を行って、飛び出した椎間板を取り切っても、足腰の痛みやしびれが改善しない方は少なからずいます。  

 

脊柱管狭窄症でも、変形した骨が脊柱管を狭くして神経を圧迫していることがMRIを撮って見つかって、手術を行って、脊柱管を拡げても、改善しない方も少なからずいます。 

 

手術で改善して楽にならずに、手術をしても改善しない方は少なからずいます。むしろかえって足腰の痛みやしびれが悪化したと言う方もなかにはいます。 

 

このような場合、上記のブロック注射と同じように、足腰の痛みやしびれの原因は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症ではなかったということです。 

 

上記のブロック注射と同じですが、筋肉と骨格・血流と神経から症状を検討していくことが必要です。 

 

手術が必要な場合は?

神経が圧迫されて排尿や排泄に関わる神経や筋肉がうまく機能しなくなり、排尿や排泄に障害が出てきた場合。下肢が動かしにくい場合や下肢に力が入らない場合。我慢できない耐えがたい強烈な痛みがある場合など、急いで病院へ行って下さい。 

 

海外での考え方

海外では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症をどのように考えているかというと、Low back pain WHO(世界保健機構)文書 2003年によると「椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は、老人には非常にありふれており、画像診断でほとんどの老人に認められるが、たいていの場合には、それは腰痛の原因ではない。それは、しばしば手術を行う根拠にされるが、その手術が成功して最終的に腰痛が軽快することはまれである。」とされています。

 

「あん摩」「マッサージ」「指圧」とは

あん摩マッサージ指圧とは、はり・きゅう・なでる・さする・押す・揉む・叩くなどの方法を使って、自然治癒力の働きを促進させて、身体の不調を改善する施術のことを言います。 

 

あん摩マッサージ指圧の施術を行うには「あん摩マッサージ指圧師」という厚生労働大臣認定の国家資格が必要です。 

 

あん摩は古代中国におこり日本に渡来して奈良時代に体系化された東洋医学に基づいた施術法です。

 

指圧は大正時代にアメリカの整体療術の理論と手技を取り入れながら体系化された施術法です。 

 

古代ギリシャの医聖ヒポクラテスは「医師たるものは医術についてのあらゆる学理と共にマッサージを習得しなければならない」と説いたと言われるほど、古代からマッサージの効果は重要視されていました。

 

国家資格について

はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格とは、東洋医学を中心とした施術をおこなう医療系の国家資格です。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(昭和22年法律217号)第2条第1項の規定によって定められています。

 

高等学校を卒業後、厚生労働大臣・文部科学大臣が定めた専門学校や大学などの教育機関で3年以上の間に、知識や技術を習得し、さらに国家試験に合格することで免許を取得することができます。

 

医師以外の方であん摩マッサージ指圧、はり、きゅうを業として行うためには、上記の法律の定めにより、国家資格が必要です。

坐骨神経痛

改善事例

50代 女性 枚方市

【お悩み】

100メートル歩くだけでもつらく外出することがなくなり、ほとんど家にいるだけ。動けないことはないけれど痛みやしびれがある。薬や注射で何とか耐えている状態で、精神的に落ち込んでいる。坐骨神経痛を治す名医がいないものかとスマホで検索する毎日だった。

【経過】

精神的にかなり落ち込んでいる状態での来院でした。病院で画像の検査をしても背骨や神経には異常はなく、原因がわからないのでなおさらにしんどかったようです。当院独自の施術を行うことで、歩行もかなり改善されました。再発予防として定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

50代 男性 寝屋川市

【お悩み】

1年前から、足がしびれて腰がしんどい。特に電車での通勤が苦痛で会社も休みがちとなった。職場に迷惑をかけているかと思うと不安。坐骨神経痛と言われて病院や整骨院に通ったが改善しなかった。

【経過】

責任感が強く職場に迷惑をかけたくないとの思いが強く、一日でも早く回復したいとのことでした。回数はかかりましたが、無事に職場に迷惑をかけることなく改善されました。再発予防として定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

30代 女性 寝屋川市

【お悩み】

太ももから足にかけて痛みが出てきて、坐骨神経痛かと思って整形外科を受診した。レントゲンを撮ってみたが異常はなかった。近所の整骨院では坐骨神経痛ではないかと言われた。

【経過】

痛みの原因がわからずお悩みの様子でした。ていねいに症状の原因と改善への道筋をご説明して安心されたご様子でした。当院独自の施術を行うことで、坐骨神経痛も改善されました。お身体のメンテナンスとして定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

40代 男性 寝屋川市

【お悩み】

6か月前から腰から右脚に痛みを感じ出した。坐骨神経痛と思って整形外科に行ったが異常なしと言われた。整骨院に通ったが改善しなかった。自分でストレッチをしていたが、どうしたものかと困っていた。

【結果】

6回の施術で改善を実感していただけました。当院独自の整体で順調に改善していきました。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

40代 男性 枚方市

【お悩み】

2年前から坐骨神経痛を自覚し始めた。病院では異常なしと言われた。しかたなくシップやストレッチでごまかしてはいるが、このままではどうなるのか不安。 

【経過】

当院独自の施術を行い改善されました。再発予防として定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

30代 女性 枚方市

【お悩み】

出産後から腰と脚が痛くて6か月が経過。育児に前向きになれずつらい。母乳への影響が気になり薬やシップは使いたくない。近隣の整骨院で骨盤矯正を受けたが改善しなかった。

【経過】

分娩には時間がかかったとの事でしたので、腰からお尻の筋肉が硬く緊張していました。当院独自の施術を行い、10回の施術で効果を実感されました。今では楽しく育児を楽しめるまでに改善しました。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、腰から足にかけて伸びている太くて長い神経です。

 

坐骨神経の走行に沿うように、下肢(腰~お尻~太もも裏~ふくらはぎ~足)に痛みやしびれを起こします。

 

痛みやしびれの自覚症状は、ジンジンする、チクチクする、ピリピリする、ヒリヒリする、電気が走るような痛み、焼けるような痛み、突っ張るような痛み、引きつるような痛み、重だるいなど、さまざまです。

 

痛みやしびれが部分的に強く出ることもあれば、お尻から足まで全体的に強く出ることもあります。

 

若年者では椎椎間板ヘルニアが原因のことが多く、高齢者では脊柱管狭窄症が原因のことが多いです。

 

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の原因には、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、梨状筋症候群などの病気があります。

 

上記の病気によって、飛び出した椎間板、変形した骨、硬くなった筋肉などが坐骨神経を圧迫することで、足腰に痛みやしびれが生じるものです。

 

坐骨神経痛の原因になる病気とは?

【椎間板ヘルニア】

腰椎と腰椎の間には椎間板があり衝撃を吸収する働きをしています。

 

その椎間板がつぶれて中身が飛び出して、飛び出した部分が神経を圧迫することで痛みやしびれが出てきます。

 

発症しやすい部位は「腰椎4番目と腰椎5番目の間の椎間板」や「腰椎5番目と仙骨の間の椎間板」です。

 

前屈みになった時に痛みやしびれが出るのが特徴です。

 

20代から40代の男性によく発症します。

 

【脊柱管狭窄症】

腰椎が変形するなどして背骨の中の神経が通る管(脊柱管)が狭くなってしまうことで神経が圧迫されて痛みやしびれが出てきます。

 

発症しやすい部位は「腰椎4番目と腰椎5番目の間」や「腰椎3番目と腰椎4番目の間」です。

 

体を後ろに反らした時に痛みやしびれが出るのが特徴です。

 

40代以上の男性によく発症します。

 

【腰椎分離症・腰椎すべり症】

腰椎分離症は小学生から高校生の子どもの頃の腰に負担のかかるスポーツによる腰椎の疲労による骨折が原因です。

 

分離した腰椎が正しい位置からズレてしまい神経を圧迫することで痛みやしびれが出てきます。

 

進行してさらにズレてしまったものを腰椎すべり症と言います。

 

【梨状筋症候群】

坐骨神経は骨盤にある梨状筋と呼ばれる筋肉の下をくぐり抜けるように走っています。

 

梨状筋が硬くなることで坐骨神経が圧迫されて痛みやしびれが出てきます。

 

病院での診断

坐骨神経痛の診断は、主にレントゲン、CT、MRIの画像により原因の病気を特定します。

 

また年齢、生活習慣、既往歴、症状なども考慮しながら総合的に診断されます。

 

病院での治療の流れ

①まずは薬(消炎鎮痛剤や血行改善薬など)を処方されます。

 

②患部に電気を当てたり、暖めたり、マッサージ、コルセット、体操なども行われる場合もあります。

 

③薬で効果が不十分な場合はブロック注射を行います。

 

④薬やブロック注射で効果が出ない場合は手術を勧められることもあります。

 

手術が必要な場合

①下肢の筋力が低下して歩くのが難しい場合

 

②排尿排便に障害がある場合

 

③耐えられない激しい痛みがある場合

 

このような症状などがある場合は速やかに病院を受診してください。

 

日常生活で気を付けること

腰椎に負担がかからないようにすることが大事です。

 

「あぐらをかかない」

「横座りをしない」

「座りっぱなし・立ちっぱなしを避ける」

「同じ姿勢を長時間とらない」

「重たい荷物をもたない」

「中腰での作業は避ける」

「身体を冷やしすぎない」

「ストレスをため込まない」

などが上げられます。

 

できるだけ早く専門家にご相談することをお勧めします。 

椎間板ヘルニア

改善事例

40代 女性 寝屋川市

【お悩み】

6か月前から左の腰と足に痛みとシビレが出てきた。腰もつらくなってきた。立っているだけでもつらい。整形外科では椎間板ヘルニアと言われた。

【経過】

症状の原因である仕事を続けながらの施術なので通院回数はかかりました。当初仕事を辞めようかと悩んでいたが、今では改善して、仕事に復帰されるまでに改善されました。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

40代 男性 枚方市

【お悩み】

1年前から椎間板ヘルニアのせいで、腰の痛みがひどく仕事に集中できず、会社での評価が下がってしまった。足腰の痛みやしびれがひどくて、病院や整骨院を何軒か通ったが、良くならず困っていた。

【経過】

腰の痛みのせいで仕事が思い通りにできずにかなり落ち込んでいました。1日のほとんどを椅子に座っての仕事なので相当つらかったと思われました。当院独自の整体で症状は改善して、今では仕事を難なくこなされています。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

50代 男性 寝屋川市

【お悩み】

4か月前から座っているだけで腰が痛くなってきてつらい。病院では椎間板ヘルニアが原因と言われた。鍼灸や整骨院にも通ったが改善しなかった。名医にお願いしたくて、インターネットで治療院をいろいろと検索していた。

【経過】

趣味のゴルフができなくなったと嘆いておられました。ゴルフのスイングの時の股関節と腰の使い方をご説明して、なぜ腰痛になってしまったのかをご理解していただきました。当院独自の整体で症状の改善に注力しました。今ではゴルフができるまでに改善されました。お体のメンテナンスとして定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

40代 女性 寝屋川市

【お悩み】

病院で椎間板ヘルニアと言われた。病院から手術を勧められたが、まだまだ動けるので手術はしたくない。他の方法も試してみて何とか手術は避けたいと思っている。

【経過】

手術だけはしたくないということで来院されました。腰・お尻・下肢の筋肉の緊張が強かったですが、当院独自の整体で、症状の改善を行いました。手術しなくても痛みがないレベルまで回復しました。再発予防として定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

40代 女性 寝屋川市

【お悩み】

足腰の痛みやしびれがつらく検査では腰椎の椎間板ヘルニアとのことでした。整形外科を何軒か受診したが、手術を勧められたり、手術はしなくてもよいと説明を受けたり、病院により意見が違うので、どうしたらよいか困っていた。 

【経過】

手術を勧められたとの事ですが、筋肉の緊張度合からみて状態はそれほど悪くはなく、短期間に改善を実感していただけると思われる症例でした。当院独自の整体を行うことで足腰の痛みやしびれが改善されました。再発予防として定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。 

椎間板ヘルニアとは?

椎間板は上下の背骨と背骨の間にサンドイッチのように挟まっていて衝撃を和らげるクッションの役目をしています。

 

椎間板は中心部に髄核があり、線維輪が髄核を囲むようにできています。

 

椎間板ヘルニアは、椎間板が異常に変化して、線維輪に切れ目が生じて、中心部にある髄核がその切れ目から出てきてしまい、神経を圧迫してしまう状態のことです。

 

椎間板ヘルニアは頚椎、胸椎、腰椎のいずれにも発症しますが、とくに腰椎に発症することが多いです。

 

「腰椎4番目と腰椎5番目の間の椎間板」と「腰椎5番目と仙骨の間の椎間板」に多く発症します。

 

腰椎に椎間板ヘルニアが発症すると、足腰に痛みやしびれ(坐骨神経痛)が出てきます。

 

20代から40代の男性が発症しやすいです。

 

MRIの画像上では椎間板ヘルニアが映っていても症状が無い方も多くいます(無症候性の椎間板ヘルニア)。

 

椎間板ヘルニアの原因とは?

老化、重労働、中腰の作業、激しい運動、たばこ、遺伝、精神的なストレスが原因に関わっています。

 

椎間板には血管が走っていないので老化現象の影響を受け安やすく、小さな傷ができても修復しづらく、大きな傷ならなおさらに修復しづらいです。

 

椎間板は老化により含まれている水分が少なくなると、弾力性も少なくなり、傷ができやすくなり、衝撃を和らげるクッションの役目も低下します。

 

弾力性が少ない状態で、繰り返し腰をねじる力や衝撃が、椎間板に加わることで、傷ができて、やがて中心部にある髄核がその傷の切れ目から出てきてしまいます。

 

椎間板の状態が非常に良くない場合には、1回のくしゃみだけで傷ができてしまうこともあります。

 

椎間板ヘルニアの症状は?

坐骨神経痛(足腰の痛みやしびれ)が出てきます。

 

腰痛が出てきて、しばらくしてからお尻、太もも、ふくらはぎ、足などに痛みやしびれが出てきます。

 

まれに下肢の筋力の低下、排尿排便に障害、感覚に障害があるなどの場合は手術の適応になります。

 

病院での診断

生活習慣、いつから痛いのか、どんな痛みか、痛みの場所、痛みの程度などの確認が行われます。

 

画像診断としては、椎間板はレントゲンでは映らないので、MRIで椎間板を映し出す検査が行われます。

 

神経の検査としては、筋力が低下の検査、感覚の異常の検査、下肢伸展挙上テストや大腿神経挙上テストなどが行われます。

 

上記以外にも確認や検査が行われることもあり総合的に診断されます。

 

病院での治療の流れ

椎間板ヘルニアの治療は保存的治療と手術的治療があります。

 

椎間板ヘルニアは自然に治ることもあるので、緊急性の高い症状以外は、まずは保存的治療で様子を見るのが一般的です。

 

保存的治療で症状が改善しない場合には手術を勧められることがあります。

 

【保存的治療】

消炎鎮痛剤などの処方。

 

コルセットの装着。

 

患部を暖めたり、電気を当てる。

 

マッサージ、体操、ストレッチ。

 

ブロック注射。

 

【手術的治療】

最近ではできるだけ身体に負担の少ない内視鏡を用いる手術やレーザーを用いる手術が行われることが多いです。

 

レーザーを用いる手術は健康保険は使えません(2021年7月現在)。

 

日常生活で気を付けること

【長時間座り続けない】

立った状態の椎間板にかかる圧力を100とすると、座った状態の椎間板にかかる圧力は140となり、座って前屈みの状態の椎間板にかかる圧力は185となり、それぞれ1.4倍、1.85倍と負担が大きいです(出典:Nachemson.1976)。

 

ゆえに適度に休憩したり立ったりして椎間板に負担をかけ続けないようにしましょう。

 

【姿勢を正しくする】

立った状態の椎間板にかかる圧力を100とすると、立って前傾の状態の椎間板にかかる圧力は150となり、立って前傾で荷物を持つ状態の椎間板にかかる圧力は220となり、それぞれ1.5倍、2.2倍と負担が大きいです(出典:chemson.1976)。

 

ゆえに猫背のような悪い姿勢では椎間板に負担がかかるので、正しい姿勢を心がけましょう。

 

【その他】

あぐら、横座り、うつぶせは椎間板に負担がかかるので避けましょう。

 

中腰は椎間板に負担がかかるので、中腰となるような作業を行うときは道具などを工夫して中腰とならないようにしましょう。

 

荷物を持ち上げるときは、膝を曲げてしゃがんで腰を落として、荷物を体に近づけて、背中をまっすぐにして膝を使って持ち上げるようにしましょう。

 

【まとめ】

上記はほんの一例です。

 

腰に負担がかからないような日常生活での注意や工夫が、椎間板ヘルニアの予防や再発防止には大切です。 

脊柱管狭窄症

改善事例

60代 女性 寝屋川市

【お悩み】

6か月前から腰の痛みと少しの歩行でお尻から足にかけて痛みが出て歩けない。整形外科では脊柱管狭窄症と言われ手術を勧められたが手術はしたくない。整体院に通ったが改善しなかった。 

【経過】

手術はしたくないということで来院されました。当院独自の整体を行い、手術しなくてもスーパーで買い物をしても平気なぐらいにまで改善されました。再発予防として定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

60代 男性 寝屋川市

【お悩み】

1年前から足に痛みが出てきた。腰の痛みもつらくなってきた。少しの歩行で痛みが出て歩けない。整形外科で注射をしたが効果なし。インターネットで治す方法や脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の名医を検索したりしていた。整骨院を3軒通ったが改善しなかった。

【経過】

何をしても良くならないと落ち込んでいました。当院独自の整体を行い、症状が改善していき、歩く距離が伸びて行くことを実感して頂けました。日常生活で違和感のないレベルまで改善しました。再発予防として定期的に通院されておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

60代 男性 寝屋川市

【お悩み】

トラックの運転手をしていて20分も運転していると、お尻や脚がしびれたり痛くなったりしてペダルを踏むのもやっとのことになった。以前から腰に痛みがあったが、運転ができず仕事に支障をきたすようになった。病院では脊柱管狭窄症と言われて通院したが良くならなかった。 

【経過】

トラックの運転手といっても運転だけではなく、荷物の積み下ろしをしなくてはいけないので、かなりつらかったことと思われました。少し回数はかかりましたが、今では仕事に復帰されています。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

60代 女性 寝屋川市

【お悩み】

脊柱管狭窄症で手術を勧められたが、手術をしたら入院しなければならず会社を休んでしまうので、仕事をしながら回復しないものかと思い悩んでいた。

【経過】

仕事を続けながらの施術なので、通院回数はかかりましたが、なんとか仕事を休まない体になりました。月2回再発予防として施術を受けておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

 

50代 男性 寝屋川市

【お悩み】

脊柱管狭窄症で、お尻から脚にかけてしびれてつらい。薬とかブロック注射でとりあえずは小康状態だけども、今後どうなっていくのか不安。

【経過】

仕事が力仕事ということもありつらい状態で来院されました。脊柱管狭窄症を悪化させてしまう力仕事をしながらの施術なので、改善までに回数はかかりました。週1回再発予防として施術を受けておられます。

 

※得られる結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。 

脊柱管狭窄症とは?

背骨には神経を通す脊柱管と呼ばれる穴が空いていてトンネルのように重なっています。

 

脊柱管狭窄症は、脊柱管の断面積が狭くなって、そのトンネルの中を通っている神経やそのまわりの血管が圧迫されることで、足腰の痛みやしびれの症状が出てくる病気です。

 

脊柱管が狭くなる病気には、変形性腰椎症、脊椎すべり症、椎間板ヘルニアなどがあります。

 

40歳以上の男性が発症しやすく高齢者に多い病気です。

 

歩いていると、お尻~太もも~ふくらはぎ~足に痛みやしびれが強くなってきて歩けなくなり、しばらく前かがみで休むとまた歩けるようになる間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状が特徴です。

 

前かがみになると脊柱管が広がって神経の圧迫が解除されるので足腰の痛みやしびれが楽になります。

 

歩くと間欠性跛行(かんけつせいはこう)が起こりますが、自転車の運転は前かがみとなるので妨げにならないことが多いです。

 

MRIの画像上では脊柱管の狭窄が映っていても症状が無い方も多くいます(無症候性の脊柱管狭窄症)。

 

脊柱管狭窄症の原因とは?

脊椎が正しい位置からズレたり、椎間板が飛び出たり、加齢や老化による背骨の変形や靱帯が厚くなることなどで、神経やそのまわりの血管が圧迫されて、神経への血流が低下することが原因で足腰の痛みやしびれを起こします。

 

脊柱管狭窄症の症状は?

圧迫される神経の場所によって「神経根型」「馬尾型」「混合型」に分類されます。

 

「神経根型」:片側のお尻から下肢にかけて痛みやしびれが出ます。

 

「馬尾型」:両側の下肢の痛み、しびれ、だるさなどが出ます。排尿や排便がしづらくなったりする場合もあります。

 

「混合型」:「神経根型」「馬尾型」の両方の症状が出るもの。

 

病院での診断

脊柱管狭窄症の診断はレントゲンよりもCT やMRIの検査が有用とされます。

 

CTでは骨の変形具合が確認できます。

 

MRIでは椎間板の変形具合が確認できます。

 

脊柱管狭窄症の特徴的な間欠性跛行(かんけつせいはこう)は、血管の病気でも起こることがあるので、どちらが原因か確認するために血管の検査も行われることもあります。

 

症状、既往歴、CT、MRIなどで総合的に診断されます。

 

病院での治療の流れ

【保存的治療】

間欠性跛行(かんけつせいはこう)には、神経への血流を改善する薬(プロスタグランジンE1)が選択されます。

 

お尻から下肢にかけての痛みやしびれには、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)が選択されます。

 

感覚神経が障害されて生じる痛みには、神経障害性疼痛治療薬(プレガバリン)が選択されます。

 

患部を温めて血流を良くしたり、マッサージやストレッチで筋肉をほぐして痛みを和らげたりすることもあります。

 

薬で症状の改善が見られない場合はブロック注射も行われます。

 

【手術的治療】

脊柱管を狭くしている原因を除去して、脊柱管の断面積を拡げる手術を行います。

 

腰椎すべり症のある場合には、脊柱管を狭くしている腰椎を固定します。

 

日常生活で気を付けること

腰をまっすぐ伸ばす姿勢は、脊柱管が狭くなり神経が圧迫されて痛みが出てくるので、高齢者の方には前かがみになるような押し車を利用したり、杖をついたりして歩くと良いでしょう。

 

自転車をこぐ姿勢は、前かがみになるので痛みが出にくく、良い運動にもなります。

 

喫煙は神経への血流が悪くなるので禁煙するのが良いでしょう。

 

長時間同じ姿勢を続けない。長時間の歩行、長時間の立ち仕事、長時間のデスクワーク、長距離運転など。無理は禁物です。こまめに休憩を取りましょう。

 

できるだけ早く専門家にご相談することをお勧めします。 

当院概要

鍼灸と手技で体を整える整体院ふき

【院  名】整体院ふき

【住  所】大阪府寝屋川市木屋元町2-5

【電話番号】090-5468-2561

【代表者名】広川豊満

【院内整体】・慢性腰痛

      ・椎間板ヘルニア
      ・脊柱管狭窄症
      ・坐骨神経痛

      ・自律神経失調症

【出張鍼灸】・パーキンソン病(症候群)

      ・変形性膝関節症

【出張範囲】・寝屋川市

      ・枚方市

      ・その他(お問合せ下さい)

【営業時間】完全予約制

      15時~19時 日祝定休

このページは、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師(国家資格)の広川豊満が管理しています。